バーマンの特徴と性格

バーマンの特徴と性格

バーマンは美しい長い毛と靴下を履いたような「ミトン」と呼ばれる白い足先、ブルーの瞳が特徴的な猫種です。バーマンの正確な起源は分かっておらず、謎に包まれた猫でもあります。神聖な猫と言われるバーマンとは一体どんな猫なのでしょうか?

690view

バーマンの特徴

バーマン
  • 体重:約4.5kg〜8kg
  • 顔や耳、尻尾に色がついている
  • もふもふのシルキーな手触りの被毛

体重4.5kg〜8kgの大きめの猫種です。頭は丸みを帯びており、強いあごを持っています。耳は中くらいのサイズで、やや離れ気味についています。顔や耳、尻尾に色がついています。長くて強い体は、もふもふのシルキーな手触りの被毛に覆われています。猫もふしたい方には、たまらない猫種に仕上がっています。手触りも、最高でしょう!

バーマンの被毛の特徴

バーマン
ポイントカラー

バーマンは、多くの色と柄が豊富な猫種です。単色でのポイントカラーは、シールポイントやチョコレートポイント、ブルー、ライラック、レッド、クリームなどがあります。シャム猫を想像していただくと、分かりやすいでしょう。
トーティーポイントと言って、ポイントカラーの中でいろいろな色が混ざっているカラーもあります。シールトーティー、チョコレートトーティー、ブルー、ライラックがあります。まるでマーブルアイスクリームのようです。食べちゃダメですよ!タビー柄のポイントカラーもあります。チョコレートやリンクスリンクストーティーポイントです。ここまで来ると、舌を噛みそうになってきます(笑)

バーマンの性格

バーマン

神聖なイメージのバーマンですが、どんな性格をしているのでしょうか?

静かな甘えん坊

外見はシャム猫に似たポイントカラーを持っていますが、性格は違います。静かで従順、人が好きなので、飼い主の後をついてまわります。飼い主と関わりたがりますが、自分中心な性格ではないので、御安心ください。御飯が食べたいときや、ソファで一緒に休みたいときなど、柔らかい声で求めてくるでしょう。飼い主の腕の中でリラックスする様子は、まるでもふもふの赤ちゃんのようです。

賢くて好奇心が盛ん

従順とは言いましたが、何も意思がない訳ではありません。賢い上に好奇心が盛んです。探検や高いとことに登るのも大好きです!ケガをしないように、注意してあげてください。

子供や他のペットともOK!

バーマンは子供も、他のペットとも仲良くなれる猫種です。きっと子供の良き遊び相手に、なってくれることでしょう。他のペットとはゆっくりと慣れられるように、環境を整えてあげましょう。

バーマンの歴史

バーマン

ミャンマーで神聖な存在として存在した猫バーマン

その起源が明らかになっていないバーマンは、現在のミャンマーで神聖な存在として扱われてきました。ブルーの目をした女神の化身と言われることもありました。一説にはシャム猫と、アンゴラかペルシャのハイブリッドではないか、とされていますが、本当に謎なのです。

バーマンの始まりは僧侶から譲り受けた2匹の猫

人工的な交配がされ始めるきっかけとなったのは、1919年に僧侶を助けたお礼として、2人のフランス人が寺院にいた2匹の猫を譲り受けたことです。その2匹の猫たちはフランスに運ばれましたが、残念ながらオス猫は死んでしまいました。ですが何と、メス猫は妊娠していたのです。そのおかげで、ヨーロッパでバーマンを繁殖させていくことができました。何てドラマティックな話なのでしょうか!

バーマンがかかりやすい病気

バーマン

バーマンがかかりやすい病気には、何があるのでしょう?

先天性乏毛症

被毛がなく生まれ、また胸腺形成不全という病気を持って産まれる場合があります。免疫の欠乏を引き起こしますので感染症のリスクが高まり、最悪の場合死に至ります。ですがこの病気は稀なので、それが唯一の救いです。

角膜デルモイド

角膜と白目の境に腫瘍ができる、先天性の病気です。脂肪組織や毛の組織が腫瘍となったもので、良性ではありますが手術が必要となります。

海綿状変性

猫版の狂牛病で、大脳の中枢神経系に異常が生じます。後ろ脚が弱くなり、勝手に動いてしまいます。狂牛病を持つ動物の脳が含まれたキャットフードが感染の原因ではないか、と言われています。フードの質には、注意した方が良さそうです。

子猫の震え

生後10日目から12週目頃までの子猫に、たまに起こる症状です。原因は分かっていませんが、自然と治っていきます。

尿素や血液中のクレアチニン異常

尿素や血液中のクレアチニンの値が異常に高くなることがあり、これは腎臓の機能障害のときもありますし、そうではないこともあります。

バーマンのお手入れ

バーマン

バーマンの美しい被毛を保つには、マメにブラッシングを行って、抜け毛を取り除く必要があります。特に、春になると冬毛が抜け始めますので、頻繁にブラッシングしてあげましょう。お風呂に入れるのも、抜け毛を取り除くための良い手段です。他には、歯磨きを行ったり、目や耳のケアを行ったりしましょう。トイレも、常に綺麗に保ちましょう。完全室内飼いの方が、危険な外での事故を防げますので、オススメです。

バーマンの入手方法

バーマンは日本では希少種ですので、一般的なペットショップでは扱っていないことが多いです。専門ブリーダーやキャッテリーは数件ありますので、探してみると良いでしょう。お値段は目安ですが、20〜30万円くらいです。里親募集をしている場合も、たまにあります。件数は少ないので、見つけたら即、問合せをすると良いでしょう。

バーマンについてのまとめ

つぶらな瞳のバーマン

日本では希少なバーマンですが、その魅力が十分に、伝わったでしょうか?「神聖な猫」と言われるだけあってその雰囲気は確かに、他の猫とは違うものを感じます。でも、白い靴下を履いちゃっている所が、お茶目です♪様々な毛色が楽しめるのも、良いですね!出会う数は少ないかもしれませんが、是非是非あなただけのバーマン、見つけてくださいね。

スポンサーリンク

人気のキーワード