ターキッシュアンゴラ 4つの性格・体の特徴

ターキッシュアンゴラ 4つの性格・体の特徴

ターキッシュアンゴラという名は、余り聞き慣れない方もいらっしゃるでしょう。日本ではそこまでメジャーな猫種ではないかもしれません。とても優雅でゴージャスな雰囲気をもつターキッシュアンゴラですが、実はその見た目からは想像もつかない性格をしています。それではターキッシュアンゴラとはどんな猫なのか、チェックしていきましょう。

411view

ターキッシュアンゴラの性格

こちらを見るターキッシュアンゴラ

優雅な外見の猫、ターキッシュアンゴラはどんな性格をしているのでしょうか?

1.ターキッシュアンゴラは活発な遊び好き

エレガントで優美な雰囲気をまとうターキッシュアンゴラですが、実は中身はかなりやんちゃです。彼らに登れない棚はないと言っても良いでしょう。高い所にひょいとよじ登るのは朝飯前です。加えて、上手に扉を開けることもできるので、ドアを閉めていたとしても、気づけば開いていた、何てことも考えられます。アクティブなので、疲れを知らずにずっと遊んでいることでしょう。トラブルを起こす可能性もありますので、危ない目に会わないよう、注意してあげましょう。十分な運動量を確保できるように、キャットタワーやキャットウォークは、必要アイテムです!

2.ターキッシュアンゴラは無邪気な性格

ターキッシュアンゴラは、成猫になっても童心を忘れない、と言います。無邪気に遊び、来客にもフレンドリーに接するでしょう。ですが、やはり1番好きなのは家族です。1匹での留守番は向いていないことが多いので、もし日中家を空けることが多ければ、他の猫や犬などを迎える方が良いでしょう。家族が家にいるときは、肩に乗ったり膝でうたた寝をしたりして過ごすことが多いでしょう。夜には、飼い主と一緒の枕を使って寝るなど、甘えん坊な一面もあります。

3.ターキッシュアンゴラは頑固な性格

ターキッシュアンゴラと幸せな暮らしを送るには、忍耐が必要な場合もあります。彼らは一度決めたことは変えない、という頑固さも持っています。ですから、対応に困ることもあるでしょう。

4.ターキッシュアンゴラは、子供や他のペットと仲良くできる

十分に社会化ができているターキッシュアンゴラであれば、子供とも仲良く過ごすことができます。子供にとっても良い選択と言えるでしょう。ただし、尻尾や被毛を引っ張らないように、子供には言い聞かせましょう。また、猫が好きな犬であれば、一緒に過ごすことができます。面会させるときはゆっくりと、慣らしていきましょう。

ターキッシュアンゴラの体の特徴

くつろぐターキッシュアンゴラ

ターキッシュアンゴラは、どんな特徴があるのでしょうか?

  • 体重:約2.5kg〜5kg
  • 目の特徴:斜視ぎみ、オッドアイが多い
  • 目の色:カッパーやブルー、ゴールド、グリーン
  • 毛の特徴:ふわふわな被毛
  • 毛の色:ブラック、レッド、クリーム、ブルーなど
  • 毛の柄:タビーバイカラーなど
  • 毛のお手入れは週に1回以上のブラッシング

体格など

体重は2.5kg〜5kgと平均的でスレンダーなボディをしていますが、筋肉質です。マズルは小さめで首は細く、優雅な印象を与えています。目は丸く大きく、少しだけ斜視になっています。オッドアイになることもあり、色はカッパーやブルー、ゴールド、グリーンなどがあります。耳は頭の高い所に付いており、大きく、先端が尖り気味です。耳の中から長い毛が、外に向かって突き出ています。特にそのふわふわの尻尾が特徴的で、ターキッシュアンゴラをより優雅に、ゴージャスに魅せています。

被毛

被毛は全体的にふわふわとしています。色や柄は豊富で、単色もあればトーティーもあり、タビーやバイカラーなどがあります。ブラック、レッド、クリーム、ブルーなどなど・・・見ているだけでも楽しくなる、バラエティに富むカラーが良いですね!アンダーコートがないので、お手入れは割と簡単です。週に1回以上、ブラッシングやコーミングをしてあげましょう。

ターキッシュアンゴラとはどんな猫なのか

振り返るターキッシュアンゴラ

ターキッシュアンゴラの歴史

ターキッシュアンゴラは、豊かなふわふわの被毛が特徴の美しい猫種です。その名前はトルコのアンカラ(以前はアンゴラで知られていました)から付けられています。ナチュラルブリード(自然繁殖)の中で生まれた猫種で古い歴史を持っています。数世紀に渡り人々を魅了してきたターキッシュアンゴラはお土産としても重宝され、ヨーロッパ初のロングヘアの猫でもあります。一説には千年以上前に、バイキング達がトルコから連れてきた、とも言われています。その起源は1400年代とされていますから、あながち嘘ではないかもしれません。

ターキッシュアンゴラは1968年にCFAから認定される

一時的に数が少なくなりましたが、アンカラ動物園の繁殖ブログラムにおいて、絶滅は免れました。最初にアメリカに来たのは1954年で、ブリーダー達はこぞって繁殖を始めました。ですが、猫登録団体であるCFAはなかなか猫種としては認めず、1968年になりようやく、白いターキッシュアンゴラを認めました。1978年にはその他のカラーも認められるようになり、今では多くの北アメリカの猫登録団体に登録されています。

ターキッシュアンゴラが気をつけたい病気

寝転がるターキッシュアンゴラ

ターキッシュアンゴラは、基本的には健康な猫種ですが、念のため気をつけておきたい病気を挙げておきます。

難聴

被毛が白く、目がブルーのターキッシュアンゴラは、難聴を持っている傾向があります。完全室内飼いであれば暮らすのに問題がないことが多いですが、譲り受ける際に確認しておきましょう。

神経筋の疾患

生後2〜4週間の子猫に起こりやすい疾患です。この年齢の子猫を飼う機会は少ないかもしれませんが、発症すると、成猫になる前に死亡してしまいますので、子猫の様子に常に注意することが大切です。

肥大型心筋症

心臓の心筋が肥厚してしまう病気です。ターキッシュアンゴラに限らず、多くの猫種で見られる病気ですが、発症すると運動をしたがらなく傾向がありますので、そのような様子が見られたら、すぐに受診しましょう。

ターキッシュアンゴラの入手方法

ターキッシュアンゴラの子猫

ターキッシュアンゴラは、余りペットショップでは見られない猫種です。ですから、もし家に迎えたい場合は、ブリーダーを探した方が良いでしょう。日本でも何件か、ターキッシュアンゴラのブリーダー・キャッテリーは存在しています。価格は30万円程度ですが、飽くまでも目安です。また、里親募集はほとんどありません。もし運良く見つけたら、それが運命の出会いかもしれません!早めのお問合せをしましょう。

ターキッシュアンゴラのまとめ

茶色混じりのターキッシュアンゴラ

ふわふわとした、手触りの良い被毛が特徴的な、ターキッシュアンゴラ。優美な雰囲気が魅力的ですね!家にいたら、こちらも優雅な気分にさせてくれそうです。活発な面もありますので、一緒に遊べたら最高です!アクティブで楽しい暮らしを、送れることでしょう。

スポンサーリンク

人気のキーワード