猫が家出をする理由やその時の対処法

猫が家出をする理由やその時の対処法

皆さんは、猫が家出をしてしまった経験はありますでしょうか。猫ちゃんは室内飼いがポピュラーなので、余り起きないことと思われがちですが、実はちょっと目を離した隙に逃げ出してしまうなんていうことも珍しくはありません。猫ちゃんの家出はなぜ起こるのか、猫ちゃんが家出をしてしまったとき、どうすればいいのかを御紹介したいとおもいます。

464view

猫ちゃんが家出をする理由

階段の上で休む猫

猫ちゃんが家出をする原因は幾つかあります。

好奇心

好奇心が盛んな猫ちゃんは常に外の世界に興味を惹かれています。窓やドアが開いていた隙に、つい外へ飛び出してしまうことがあります。

発情期

特に多いパターンが、この発情期です。本能からくる行動なので、衝動的に相手を探して遠くまで来てしまうことも少なくありません。

恐怖心

猫は警戒心の強い生き物です。雷や花火等の大きな音に驚いたときや、飼い主さんにきつく叱られるなど、強い恐怖を感じると咄嗟(とっさ)に離れた場所へ逃げてしまいます。

迷子

基本的には自分の縄張りの範囲で行動をしますが、自分のマーキングのない場所まで来てしまうと、帰り道がわからず帰れなくなってしまいます。また、引っ越したばかりで土地勘がないといった理由で迷ってしまうこともあります。

猫の家出のためにできる対策

首輪をつけた猫

室内飼いの猫ちゃんは特に外に慣れていないので、対策が必要です。ドアや窓を開けるときはできるだけ目を離さないように、また、換気等で長く開けている部屋からは猫ちゃんを別の場所に移動させておきましょう。

室内飼いのネコちゃんも、外へ散歩に行く猫ちゃんも、首輪にネームプレートを着けておくと安心です。飼い主さんの名前と、連絡がつきやすい電話番号を記入しておきましょう。

機会があれば、御近所の方にふだんから猫ちゃんの特徴を教えておくのも有効です。もし家出をしてしまっても、見つけて保護して貰える可能性が高くなります。

猫が家出をしてしまったら

覗く猫

いざ自分の家の猫ちゃんがいなくなってしまったら、心配ですし慌ててしまいますよね。猫ちゃんが家出をしてしまったとき、どうしたらいいのかを確認しておきましょう。

自宅の周辺を探す

猫ちゃんがいなくなってから時間がそれほど経っていなければ、まだ遠くまで行っていない可能性が高いです。自宅の周辺から、猫の好みそうな隠れやすい場所を中心に捜索します。慣れない環境に気が立っている可能性があるので、大きな声や物音を立てて驚かせてしまうのは禁物です。猫の集会所や地域猫に餌をあげている家があれば、そこに紛れ込んでいる場合があります。

動物愛護施設、保健所に連絡

都道府県の動物愛護施設や保健所の連絡先は、事前に把握しておくのがおすすめです。その場では保護されていなくても、特徴やいなくなった場所を伝えておくと、保護された場合に連絡をもらうことができます。

情報提供を募る

かかりつけの動物病院やペットショップによっては、情報提供の張り紙を掲示してくれるところもあります。電柱や建造物に張り紙をする場合は、所有者へ許可を取りましょう。最近ではSNSを使って拡散してもらうパターンもあります。幅広い方に見てもらえるので、個人情報に注意しつつ利用してみるのも心強いです。また、新聞の広告欄に載せて貰う等の方法もあります。

家出の期間

舌を出す茶トラ猫

猫ちゃんが見つからずに月日が過ぎてしまうと、もう見つからないのかと諦めてしまうかと思います。ですが、実は猫ちゃんの家出は数日の場合もあれば、半年や数年経って帰ってくるということもあるのです。我が家の飼い猫も、あるとき、ふらっと、いなくなってしまったことがあります。

もう帰ってこないと諦めていましたが、1年経ったある日、何事もなかったかのようにひょこっと顔を出してくれました。以後、家出をすることはなくずっと家で生活しています。猫ちゃんは記憶力のいい動物なので、大事に買われていた自分の家をちゃんと覚えているそうです。

外の世界が楽しくて野良猫になってしまうケースや、テリトリーが他の猫に取られてしまって帰ってこられなかった子が、自分の家を覚えていてちゃんと帰ってくるということは珍しいことではありません。

家出をしてしまった子が必ず帰ってくるという保証は残念ながらできませんが、諦めずに気長に待っていると、もしかしたら奇跡の再会が望めるかもしれません。

家出した猫ちゃんが帰ってきた場合

女性獣医師にみてもらう猫

家出をした猫ちゃんを無事保護することができたら、まず安心できる環境を整えてあげましょう。それまで慣れない環境にいたことから、攻撃性が増すなど、性格が変わってしまうという場合があります。安心して落ち着いてくれるまで数日かかることもあるので、様子を見ながら接していきます。

外に出ていた猫ちゃんは、怪我をしている、病気を貰ってしまっている可能性がありますので、近いうちに必ず動物病院を受診しましょう。前もってワクチンを接種しておくことも大切です。家出をした原因がわかっていれば対策をして、お家が一番安心できるようにしてあげたいですね。

まとめ

抱っこされる猫

猫ちゃんの家出はできれば起きてほしくないことですが、動物の性質上、常に気を付けておきたいことでもあります。もしものときのために、ふだんからワクチンやネームプレートなどの対策をしておくことが大切です。

また、大切な猫ちゃんが、いなくなってしまったときに、どうするかを考えておくことで、いざというとき慌てずにすむことができます。猫ちゃんが家出なんて考えないくらいに飼い主さんとお家を大好きでいてくれるようになったら素敵ですね。

スポンサーリンク

人気のキーワード