猫アレルギーに効果のある3つの対策

猫アレルギーに効果のある3つの対策

猫アレルギーの対策はあるのでしょうか。猫を飼いたいのにアレルギーがあったり、猫を飼っているのにアレルギーを発症してしまうと困りますよね。ここでは猫アレルギーに効果のある対策方法を詳しくご紹介します。猫アレルギー対策をして、快適に猫ちゃんと暮らしましょう。

497view

猫アレルギーの症状と対策

鼻をかむ女性

今まで何とも無かったのに、猫を飼い始めた途端に体に異変が!

  • 目がかゆい
  • 鼻水や咳、くしゃみが止まらない
  • 鼻がムズムズする
  • 目が真っ赤に充血してしまう
  • 体が痒い
  • 呼吸が苦しい
  • 顔が腫れる

猫を飼い始めてからこのような症状が1つでもあれば、猫アレルギーである可能性がかなり高いと言えます。

とは言え、飼っている猫を自分のアレルギーのために捨てるわけにもいきませんよね。では、この憎き猫アレルギーに対策はあるのでしょうか?
大丈夫、猫アレルギーの対策はちゃんとあるのです。

猫が原因のアレルギーなので、猫との接触を避ける事が一番の対策となりますが、一緒に暮らしている場合、ましてや一人暮らしで猫を飼っているのであればそれは絶望的な対策法ですよね。そこで猫との接し方に注意して、アレルギーを悪化させない工夫をしながら対策していく方法をご紹介していきます。

猫アレルギー対策① 掃除

猫と掃除機

猫アレルギー対策として、一番初めに行わなければならないのは家の中の掃除です。

猫のアレルギーを持っている場合、アレルゲンとなる物質は猫の唾液であると言われています。では、顔を近づけさえしなければ大丈夫?と思いがちですがそれは間違いで、猫は自分で自分の体の毛を整えるグルーミングをする習性があります。

この際、体中の毛を舐めながらグルーミングするので、体中がアレルゲンだらけになっているのです。もちろん猫の舐めた毛にも唾液は付着している訳で、その毛が家中に落ちているとすればアレルゲンの中で生活しているという事になります。

猫に近づかなければ猫アレルギーの対策になると思ったら大間違いで、本格的な猫アレルギー対策を行うのであれば、最初に家中の猫の毛をきれいにお掃除する事から始めましょう。お掃除は、日頃からしっかり行っている飼い主さんも多いはず。猫は毛が落ちやすいので、抜け毛対策として強力な吸引力の掃除機で毎日掃除しているという人も少なくないのではないでしょうか。

猫アレルギー対策の掃除は毎日の掃除ももちろんなのですが、床の拭き掃除や壁の掃除にまで至ります。カーテンやカーペットなどもできればアレルゲンが付着しづらい素材の物に変える事もとても有効です。

今までの床の掃除が完璧なのであれば、壁を拭き、カーテンを洗ってみてください。症状が軽減される可能性がかなり高いですよ。

猫アレルギー対策② 空気清浄機

あくびをする子猫

猫アレルギー対策として、空気清浄機はとても効果があると評判です。ただ、猫アレルギーの対策として空気清浄機を選ぶのであれば、普通の製品では無くペットのアレルギーに特化した製品を選ばなくては意味がありません。
では、猫アレルギー対策として相応しい空気清浄機の条件とは何なのでしょう。

まず第一に、HEPAフィルターやULPAフィルターが使われているかチェックしてみてください。この二つにはかなり細かい粒子までも集める事ができる機能が備わっています。猫アレルギーのアレルゲンとなる物質をキャッチしてもらうには、このくらい高機能のフィルターが搭載されている事が必須条件となります。

次に、音の大きさや家の広さに適応しているサイズであるかの確認をします。どんなに良いフィルターが使われていても、音が大きいとそれだけでストレスになってしまいます。

また、猫が怖がってしまう場合もあり、せっかく買ったのに使う事ができなくなってしまいます。できれば気にならない静音タイプの物を選び、部屋中の空気を綺麗にしてもらえるように対応床面積もしっかりと確認する事を忘れないでください。

猫アレルギー対策③ 市販薬

薬

一時的に猫アレルギーの症状がひどくなり、その対策として市販の薬を使うという手も有効です。
例えば猫アレルギーによって目が充血して痒みが出てきた場合、その対策としてアレルギー用の目薬を利用してみるのも良いでしょう。また、鼻水やくしゃみなどもアレルギー用の市販薬で効果が期待できます。

抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬と書かれているものが猫アレルギー対策として体に合う可能性があるので、突発的に我慢できないアレルギー症状が起こってしまった場合や、病院に行きたくても行く事ができない場合、ドラッグストアの薬剤師に相談の上、購入して使ってみましょう。

ある程度使ってみても効果が実感できない場合や、呼吸困難、喘息のような症状が起こる場合は必ず病院へ行って診察を受けてください。猫アレルギーと一言で言っても、人それぞれ症状の重さが全く違います。病院の血液検査でどの程度の猫アレルギーなのかもすぐに分かるので、自分の体の事をまず十分理解しましょう。

まとめ

猫とお花

猫アレルギーの対策は、とにかく毎日掃除をして空気清浄機を設置する事です。猫のアレルギー対策は昨今の猫人気と共に増えていますが、猫と一緒に暮らしている限り猫アレルギーが完璧に改善されることはありません。

ここでは猫アレルギーの対策方法をご紹介しましたが、まず、「アレルギーかな?」と感じたらアレルギー科のある病院で受診してどの程度のアレルギーを持っているか調べてみてください。

40代 女性 かえで

 猫アレルギーになったのは、長男猫を飼い始めたときでした!
目が痒くてくしゃみが出て、目が腫れました。
病院に行ってアレルギーの薬をもらいまして、1ヶ月ほどで症状が治まりまして楽になりましたが猫ちゃんを3匹飼った時点で喘息になりましたが、吸入と食事療法で快方に向かい、自然とひどい症状は出なくなりました。
人によると思いますが、私達が気を付けていたのは掃除です。
 畳をよく掃除機で吸っていました!あとは、ほとんどの部屋をフローリングにしました、拭き掃除もできるからです。
 猫ちゃんの爪も小まめに切るようにしました。
猫ちゃんのブラッシングもよくしていました。最初、辛いときはマスクをしていました。
その都度、対処するのが大切ですね!

女性 ケロキ

猫と暮らし始めてから猫アレルギーが分かったら切ないですよね。ですが、猫アレルギーでも掃除をすることで猫と生活できている飼い主さんも多いですね。猫を飼い始めたことがきっかけで、断捨離をして掃除しやすい環境を作ったという話を聞いたことがあります。
猫アレルギーで気を付けたいのは抜け毛ですよね。ブラッシングと掃除機、粘着シートなどのグッズがあります。最近ではペット用の掃除機も販売されていて、カーペットなどについた抜け毛がとりやすくなっているそうです。
空気清浄機は必需品かもしれませんね。ですが、フィルターの種類までは考えたことがなかったので参考になりました。今は猫アレルギーを発症していなくても、突然なってしまうこともあります。対策をして損はないですよね。

20代 女性 匿名

猫アレルギー対策としては近づかないのが一番ですが、飼い始めてアレルギーに気づく事もあり、近づかない訳にはいきませんよね。家族ですから、簡単に手放すなんて事も考えられません。
掃除、空気清浄機などは必須ですよね。掃除機だけでなく、拭き掃除もする事で更に効果も上がりますので、掃除に関しては頑張って毎日徹底しなければなりません。
ワンルームの方は難しいかなぁと思うんですが、猫が入れるスペースを分け、リビングのみで飼い、寝室などには入れないなど空間を分ける事も有効的だと思います。その分掃除の手間も少しは減りますし、寝る前は寝室に入る際に衣服も着替えると更に良いと思います。

ぬいぐるみや布製の物はマメに洗う、もしくは置かないなど気をつけると掃除も楽になります。
毎日のブラッシングで抜け毛を減らし、定期的に猫もシャンプーするなど気をつける事で少しはマシになるんじゃないかな?と思います。
シャンプー以外にも蒸しタオルやタオルシートなどで体を拭いてあげても良いと思います。

猫を迎えたいと考えてる方は、迎える前に家族みんながアレルギーがないか調べてみるのも安心ですね。
特にお子様にアレルギーが出てしまい・・泣く泣く里親に出される方もいます。
アレルギー問題に関しては身体的な事ですので対策だけでは難しい場合は、里親という手もありますので決して捨てたりはしないで下さいね。

スポンサーリンク

人気のキーワード