猫の歯が抜ける原因と予防法

猫の歯が突然抜けてしまったら、飼い主さんはとても心配になりますよね。猫の歯が抜けるのには、どんな原因があるのでしょうか。ここでは猫の歯が抜けた場合に考えられる事や、猫の歯が抜ける口の中の病気について詳しくご紹介していきます。

31view

目次
猫の歯が抜ける原因
猫の歯が生え変わるとき
猫の歯が抜ける原因となる病気
猫の歯が抜けない為のケア
まとめ

猫の歯が抜ける原因

口を開けている猫

猫の歯は、人間のように成長の過程で乳歯から永久歯へと生え変わります。突然猫の歯が抜けて驚く飼い主さんもいらっしゃいますが、生え変わりは病気でも何でも無いので全く心配はいりません。

しかし、それ以外の理由で猫の歯が抜けた場合は注意が必要で、歯周病などの口の中で起こる病気が考えられます。猫の歯も人間の歯同様に定期的なケアが必要であり、そのまま何もしないで放置して飼い続ける事で歯肉炎や歯周炎などを起こしやすくします。これが酷くなると猫は歯が抜けてしまい、そのまま生えてくることがありません。

人間と違い猫の歯は虫歯になったからと言って歯医者さんが治療してくれる訳では無いので、飼い主さんの手で行う猫の歯のケアが大変重要となります。

猫の歯が生え変わるとき

猫の歯

猫の歯は、産まれてから約3週間で乳歯が生え始めてそのまま徐々に歯が生えていき、およそ2か月で全ての歯が揃った状態となります。その後、乳歯の下から徐々に永久歯が生えて来ます。その頃の子猫ちゃんはよく噛みますが、これは永久歯が生えてきていることで口の中がムズムズしてしまうからなのでしょう。そしてよだれも増える傾向にあり、舐める事が多くなるのもこの時期の特徴です。

猫の歯は生後3か月頃から7か月頃にかけて、永久歯へと生え変わっていきます。ただし、人間のように歯がポロッと抜けてすきっ歯になる事はありません。下から永久歯が生えてきて、乳歯を外へ押し出すので、歯が抜けてもどこの歯が抜けたのか分からない状態です。

また、猫の歯が抜けた時に歯を発見できるのはとても稀で、殆どの猫はそのまま歯を飲み込んでしまいますが、猫の歯を飲み込んでもカルシウムなので体への心配はいりません。もしも運良く部屋に落ちていて発見する事ができたらそれはラッキー。容器に入れて大事に取っておいてあげても良いですね。

猫の歯が順調に生え変わる事ができれば問題はありませんが、永久歯が下から生えてきているのにも関わらず乳歯が抜けない「残存乳歯」になってしまう場合があります。歯肉炎や歯周病の原因にもなり、餌が上手に食べられなくなったりもします。飼主さんが気付くのは難しいのですが、1歳未満の猫で餌の食べ方に違和感があったり口臭がきついと感じたら病院で診てもらった方が良いでしょう。

猫の歯が抜ける原因となる病気

獣医に歯を診てもらっている猫

猫の歯が生え変わる時期では無い、特に2歳以降に猫の歯が抜けてしまったとしたらそれは口の中の病気が考えられます。
ここでは猫の歯が抜けてしまう可能性がある2つの病気について詳しくご紹介します。

歯周病

猫の歯も人間と同じように歯石が溜まっていきます。表面的な歯石は飼い主さんが爪で弾いて取ったりすることもできますが、実はそれでは取り切れてはいないのです。

歯と歯茎の間にある歯周ポケットの中にも歯石はあり、ここまでしっかりと取ってやらないと歯肉炎の原因となります。歯肉に炎症が起こってしまう事でそこから歯周病へと進み、やがては猫の歯が突然抜けてしまうという事が起こります。

破歯細胞性吸収病巣

破歯細胞性吸収病巣とは猫の歯の病気の中でもかかりやすい、歯根が溶けてしまう病気です。これは破歯細胞が口内に増えてしまう事で歯根を溶かしてしまいますが、原因ははっきりと解明されていません。猫が痛みを伴う事で食事が困難になると手術による抜歯が行われますが、痛みが伴わず歯根が溶けきってしまった場合には治療しない場合が多いです。

猫の歯が抜けない為のケア

歯ブラシをくわえている猫

猫の歯が成長による生え変わりで抜けてしまうのは問題ありませんが、口の中の病気によって猫の歯が抜けてしまうのは飼い主としても防いであげたいところですよね。
そこで、猫の歯の日頃のケアをご紹介します。

人間も同じですが、猫の歯もやはりできれば毎日歯磨きしてあげる事が一番です。猫の歯の歯石は数日で溜まってしまうので、手遅れにならないようにするには毎日ケアしてあげる事がポイントになります。

今はペットショップなどでも猫用の歯ブラシが販売されていますが、もしも入手が困難なようであれば人間の赤ちゃん用の歯ブラシでも大丈夫です。子猫の時から慣れさせてあげると毎日のケアがとてもスムーズにいきますが、もしもどうしても歯ブラシを嫌がる場合はガーゼを指に巻き付けて猫の歯を拭いてあげてください。

歯磨きを初めて行う際には、あまり身構えず猫がリラックスしている状態で始めてみてください。歯ブラシで遊ばせて慣れさせ、少しずつ口の中に入れるようにしていきましょう。この段階で失敗してしまうと、毎日の猫の歯のケアが難しくなってしまい、飼い主さんにも猫にもストレスとなってしまいます。

まとめ

猫の顔

猫の歯は生え変わるために抜ける場合と、口の中の病気が原因で抜ける場合があります。猫の歯は日頃から歯磨きしてあげる事で健康を保っていく事ができます。

ここでご紹介したケアの方法の他にも、猫の歯の歯石を取る効果があるフードなども市販されているので、色々な方法を併用しながらお口の中の病気予防をしてあげましょう。

飼い主の声を書き込んでください

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛猫の為にもなる情報をみんなで書き込んで、猫と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

スポンサーリンク

おすすめ記事

飼い主の声を書き込んでください

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛猫の為にもなる情報をみんなで書き込んで、猫と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

写真を付ける

この記事への書き込みは編集部が確認・承認した後反映されます。

書き込みに関する注意点

この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除処理、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

  • ・過度と捉えられる批判的な書き込み
  • ・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
  • ・荒らし行為
  • ・宣伝行為
  • ・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

『ベンガル』を知ろう!

「ベンガル」はヒョウ柄でワイルドな見た目が特徴のねこちゃん。その姿はまさに小さなヒョウ!なのに、性格はその見た目と違って甘えん坊というギャップの持ち主。遊ぶの大好き!おしゃべり大好き!とても可愛いベンガルの魅力をたっぷりご紹介します♪

ベンガルについてもっとみる

『マンチカン』を知ろう!

「マンチカン」はなんと言っても短い足が特徴的!短い足でトコトコ走る見た目の可愛さから「猫のダックスフンド」という異名を持っています。また見た目の可愛さも然ることながら、穏やかで優しく人懐っこい性格でとても人気の高い猫種です。

マンチカンについてもっとみる

『アメリカンショートヘア』を知ろう!

「アメリカンショートヘア」は、元々ネズミ捕りとして育てられていた名残で、好奇心旺盛で活発なねこちゃんです。運動能力が高いことに加え、優雅な毛並みと頭の良さが人気の理由。そんなアメリカンショートヘアの魅力を余すことなくお伝えします!

アメリカンショートヘアについてもっとみる
ポチライター
人気のキーワード