猫のシステムトイレの特徴とトイレを選ぶ基準

猫のシステムトイレの特徴とトイレを選ぶ基準

猫のシステムトイレは最近,人気のある商品として定着しています。一般的な猫のトイレといえばプラスチック製の容器にトイレ用の砂を敷き詰めて,猫が用を足すとスコップで取り除くというものです。では従来のトイレと猫のシステムトイレの違いとは,どのようなものでしょうか。今注目されている猫のシステムトイレについて触れていきます。

653view

猫のシステムトイレとは

猫のシステムトイレ

猫のシステムトイレは最近猫の飼い主の中で人気のある商品です。

システムトイレの特徴は

  • プラスチック製のトレーに専用のマットあるいはシーツを敷く
  • メッシュの形状になった上部に,ペレットか猫用の砂を入れる

というものです。掃除のタイミングは週に1度のペースで十分ですので,手間がかからないといった良さがあります。このシステムトイレで猫が用を足すと,メッシュの部分から汚物が落ちます。下に敷いてあるシートは1匹分の猫の尿なら数日分の量を吸収できますので,毎日の掃除が不要になるというわけです。

しかし,排便の場合はシートには当然吸収されませんので,毎日取り除く必要があります。しかも,猫のシステムトイレのトレーに敷き詰めるのはペレットでも猫砂でも構いませんので,使いたい方を利用することができて便利です。

システムトイレを利用する際に必要なもの

これは当然ですが,まずシステムトイレの用意が必要となります。ただ,一言でシステムトイレといっても,ポピュラーなものでは2種類のタイプがあります。

  • トレーを覆うような,カバーが付いていないタイプ
  • ドーム状のカバーが付いたタイプ

猫用トイレの砂がまき散らされないための工夫

猫を飼っていた人には分かっていることですが,トイレで用を足した後に砂をかく習慣が猫にはあります。そのトイレの砂を部屋の方にまで散らからないように,トイレの前にマットを敷いて対策を取る人もいます。

猫のシステムトイレと一般的な猫用トイレの比較

トイレに入る猫

猫のシステムトイレと一般的な猫用のトイレには,それぞれどのような特徴があるのでしょうか。

システムトイレのメリットとは

まず,猫のシステムトイレに使用する専用のシートやマットには,気になる尿の臭いを緩和する消臭作用がありますし,猫1匹分の尿なら数日分の量でも吸収してくれますので便利です。トイレの掃除は週に1度のペースでも問題ありませんし,定期的にくるシートの交換に関してもスムーズに行えるのが魅力です。そして,利用できる砂を選べるところもメリットといえます。

システムトイレのデメリット

猫のシステムトイレのメリットで,猫の尿の匂いが緩和されると説明しましたが,完璧に臭いを消せるというものではありませんし,排便の場合はシートには吸収しないので,毎回取り除く必要はあります。また,システムトイレはシートやマットなどを使用する必要があるため,シートやマットが切れないようにストックしておかなければいけません。

また,シートを敷くトレー部分に尿がたまることがあり,場合によっては漏れる可能性があります。また,猫は猫砂やペレットを敷き詰めた上で排便をしますが,便をトイレに流したくてもペレットなどが水に溶けないタイプの物がありますので,流すこと自体難しい場合があります。

一般的な猫用トイレのメリット

これは何といっても安く収まるということです。猫用のトイレに敷く猫砂や猫のトイレ自体がリーズナブルですから,維持費が抑えられるのは魅力です。また,トイレに敷く猫砂には様々ありますが,大抵,排尿後に固まる性質があるためトイレに簡単に流せるのがメリットです。

一般的な猫用トイレのデメリット

猫は用を足した後に砂をかく習慣がありますので,どうしても砂を撒(ま)き散らかす可能性があります。そのためできる限りきれいに保つなら,トイレの前のような撒(ま)き散らかしやすい所にマットなどを敷くと良いでしょう。

そして,一番気になってしまう可能性があるのが,尿の臭いです。猫砂の中には消臭作用のある商品がありますが,猫がトイレで排尿した後すぐに,取り除くといった対処ができない場合は,どうしても臭いが気になってしまいます。

猫のシステムトイレを選ぶ基準

屋根付きシステムトイレ

猫のシステムトイレにしようかと,悩んでしまう人もいることでしょう。それでは何を基準にして「一般的な猫用トイレ」と「システムトイレ」のどちらを選択すると良いでしょうか。

多頭飼いの場合

もし御自宅に猫を多く飼っているなら,一般的な猫用トイレの方が良いといえます。システムトイレの場合は猫用の砂かあるいはペレットを敷きつけて使用しますので,猫砂とペレットに対して費用が掛かってきてしまいます。

それ以外にもトレーに敷くシーツも準備する必要があるため,月の維持費がかかります。それでも,毎日の手間をかけずに使いたい人は猫のシステムトイレの方が良いですが,できれば,余り費用をかけたくない人には一般的な猫用トイレの方が利用しやすいでしょう。

猫の便をトイレに流したい

もし,猫の便を毎回トイレで流したいなら,一般的な猫用トイレの方が良いです。これは使用される砂やペレットの特徴が違うためです。猫のシステムトイレで使うペレットの大半は流せないものですので,便とともに流そうとしても,逆にトイレが詰まる可能性があります。しかし一般的な猫用トイレで使う猫砂は,一緒に流せるものがありますから使いやすいです。

お手入れが簡単なものが良い

システムトイレならお手入れが面倒ではない上に,週に1度のお手入れでも大丈夫です。そのためふだんお仕事などで忙しい人なら,システムトイレの方が便利です。

猫のシステムトイレの種類

猫型のトイレ

猫のシステムトイレと一言で言っても,今は様々なデザインが登場しています。

  • ドーム状のカバーが付いたトイレ
  • カバーなしのトイレ
  • 上から入るタイプ
  • 全自動のトイレ

最近では,猫の習性を生かした作りのトイレも出てきています。このタイプのトイレは,円柱型やプラスチック製密閉容器のような形状をしているものなどがあります。中には,猫がトイレを済ませた後に掃除をしてくれるものもあります。排泄(はいせつ)物に関しては,専用の容器に入れられるため,臭いが感じにくいのが特徴です。猫のシステムトイレの他にも,猫砂の使う量が従来よりも抑えられるおまるタイプもあります。

猫を飼うときに決めたトイレをできるだけ変えない

一般的な猫用のトイレ又は,システムトイレのどちらのトイレを選択するにしても,一度決めたトイレをずっと使い続けていくことが猫にとって大切です。今まで使っていたトイレと違う,トイレを置いていた場所が変わったというだけでも,用を足さなくなる可能性があります。猫の健康のことも考えて,猫を飼い始める際に決めたトイレを長く使いましょう。

まとめ

トイレをイタズラする猫

今は今までよく見かけたトイレ以外にもシステムトイレやおまるタイプなどが出てきましたが,どのタイプを選択するのかは自分たちの生活やお手入れの頻度などで,使いやすいものを選ぶのが一番のポイントといえます。ただ,ちょっとした変化で使えなくなってしまう猫のために,一度決めたトイレを使い続けることが,猫にとっては一番だということを覚えておきましょう。

スポンサーリンク

人気のキーワード