猫の目の色はどんな色があるの?そのカラーバリエーションとは?

猫の目の色は、とても綺麗で猫の魅力の一つと言えるのではないでしょうか?猫の目の色には、どんな色があるのか気になります。そこで猫の目の色についてどんなカラーバリエーションを持っているのか、キトンブルーやオッドアイとは何か?それから、猫の目の色と被毛の関係についてまとめました。

208view

目次
猫の目の色とカラーバリエーション
猫の目の色は変わるの?「キトンブルー」とは?
猫の目の色「オッドアイ」とは?
猫の目の色と被毛の関係とは?
まとめ

猫の目の色とカラーバリエーション

足の上に顔を乗せる猫

猫の目は、色のついている部分は光彩で黒い部分は瞳孔になります。猫の目の色は光彩のメラニン色素や光の屈折によって見え方が違います。この虹彩のメラニン色素が少ないと透明感のある薄い色になり、多いとより濃い色になっていきます。次に、猫の目の色をまとめました。

グリーン

グリーンの目は、メラニン色素がとても薄いです。少量の緑の色素が光の屈折で増大されて緑に見えます。これが「レイリー散乱」と呼ばれる現象です。また、寒い地域の猫は日差しを取り入れにくいので、目が薄い色素になったのではないかと、いわれています。洋猫に多い目の色です。

ヘーゼル

ヘーゼルとはグリーンとブラウン、二色グラデーションの目の色になっています。ヘーゼルは、グリーンが弱くブラウンが強調されるのでカッパーに間違われることがあります。また、ヘーゼルはグリーンよりもメラニン色素が多くなります。日本猫と洋猫のハーフに多く出る目の色です。

アンバー

アンバーとは強い黄色の単色です。この黄色い目は、「琥珀色」とも言いわれています。アンバーは、ヘーゼルに間違われることもよくありますが、ヘーゼルは単色ではなく複数の色が混ざり合っているので見分けられます。

アンバーはカッパーの次にメラニン色素が多くなっています。日本猫に多い目の色です。日本の猫は、温暖な気候で日光を取り込むことを重視しなくても日光を得られたので、目の色が濃くなったと言われています。

カッパー

カッパーとは銅色という意味で、茶色や赤っぽく見えたりします。メラニン色素が一番多い目の色です。日本の猫はカッパーが多く見られます。日本の猫は、温暖な気候で日光を取り込むことを重視しなくても日光を得られたので、目の色が濃くなったと言われています。

ブルー

ブルーは猫の目の中でも珍しい色と言われています。ブルーとグリーンの目の色は同じ構成になっていると言われ、メラニン色素をほとんど持っておらず少量のブルーの色素を光の屈折を増大されて青く見えるそうです。これが「レイリー散乱」と呼ばれる現象です。

レッド

レッドは、ブルーよりも更に珍しい目の色です。先天的な遺伝疾患を持つ猫がメラニン色素を作れない現象を「アルビノ」と言いますが、これが原因で目の色が赤くなるのだそうです。特徴は白猫と似ていますが、目の中の血管などが浮き上がり赤く見えてしまいます。分かりやすく例えるなら、ウサギなどが良い例ですね。

猫の目におけるメラニン色素量の違い

猫の目の色は、メラニン色素の量によって決まると言われています。次に、メラニン色素が少ない目の色から順にまとめました。

  • サファイアブルー
  • ブルー
  • アクア
  • グリーン
  • ヘーゼル
  • イエロー
  • ゴールド
  • オレンジ
  • カッパー

このように、メラニン色素の量が一番少ないのがサファイアブルーで、メラニン色素の量が一番多いのがカッパーになります。

猫の目の色は変わるの?「キトンブルー」とは?

ブルーの目をした猫

生後まもない子猫は、猫種に関係なく全てブルーの目の色をしています。これを「キトンブルー」と言います。生後まもない子猫は体内のメラニン細胞が少ないために、目の色がブルーになると言われています。

生後1か月頃からメラニン細胞が働きだし、生後2か月~3か月頃になると徐々に本来の目の色が出てきます。それから、6か月頃になると個体差もありますが、目の色の変化が落ち着くと言われています。

子猫が大きくなってどんな目の色になるかは遺伝子で決まります。子猫が「キトンブルー」から徐々に変化してどんな目の色になるか、また子猫の成長を見守れるのはとても楽しく素敵なことですね。

猫の目の色「オッドアイ」とは?

オッドアイの猫

オッドアイとは、猫の目に見られる、左右の虹彩の色が異なるという状態です。このオッドアイは、虹彩異色症と呼ばれています。このオッドアイの特徴は、片方の目の色は必ずブルーで、もう片方の目の色はグリーン、ヘーゼル、イエロー、ゴールド、オレンジ、カッパーのいずれかとなります。

また、オッドアイの原因は先天性と後天性の二つあります。先天性のオッドアイの猫は、白猫または体の一部が白い猫に多くみられ、これは白猫遺伝子が体のメラニン色素を抑制して、猫の目の色も薄い色になってしまうのでオッドアイになりやすいと考えられています。

後天性の原因は、事故や病気による目の手術で猫の目の色が変化してオッドアイになると言われています。それから、オッドアイでは、ブルー色をした目の方にある耳が難聴になっていることが多くあります。オッドアイの猫で聴覚に全く問題がない猫は約20~30%だそうです。ですから、オッドアイの猫は高い確率で何らかの聴覚障害をもっていることが多いです。

猫の目の色と被毛の関係とは?

ブルーの目をした白猫

猫の目の色と猫の被毛の色には、強い関係があります。猫の目の色と同様に被毛の色も、メラニン色素の影響を強く受けているからです。例えば、メラニン色素が少ない白猫は被毛も白く、目もブルーの色をしていることが多いです。その反対に、黒猫の場合は、被毛が黒く目もヘーゼルやカッパーなどメラニン色素の多い色の目になっています。

猫の目の色と被毛の色の関係は、メラニン色素の量によって決まります。また、被毛の色に関係なく猫の種類によって目の色が決まっていることがあります。エジプシャンマウは、被毛の色に関係なくグリーンの目の色だけです。

次にブルー色をした目の猫をまとめました。

  • トンキニーズ
  • シャム
  • バリニーズ
  • ラグドール
  • バーマン
  • スノーシュー

このような猫種は、被毛の色に関係なくブルーの目の色のみになります。

まとめ

窓際でくつろぐ猫

猫の目の色は、いろいろなカラーバリエーションがあります。猫の目の色はメラニン色素の量で決まります。メラニン色素が少なければブルー、多くなるとカッパーなどになります。猫の目の色は、生後まもない子猫にみられるキトンブルーや左右の目の色が違うオッドアイなどもあります。猫の目の色はどのカラーも綺麗でとても魅力的ですね。

飼い主の声を書き込んでください

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛猫の為にもなる情報をみんなで書き込んで、猫と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

スポンサーリンク

おすすめ記事

飼い主の声を書き込んでください

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛猫の為にもなる情報をみんなで書き込んで、猫と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

写真を付ける

この記事への書き込みは編集部が確認・承認した後反映されます。

書き込みに関する注意点

この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除処理、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

  • ・過度と捉えられる批判的な書き込み
  • ・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
  • ・荒らし行為
  • ・宣伝行為
  • ・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

『ベンガル』を知ろう!

「ベンガル」はヒョウ柄でワイルドな見た目が特徴のねこちゃん。その姿はまさに小さなヒョウ!なのに、性格はその見た目と違って甘えん坊というギャップの持ち主。遊ぶの大好き!おしゃべり大好き!とても可愛いベンガルの魅力をたっぷりご紹介します♪

ベンガルについてもっとみる

『マンチカン』を知ろう!

「マンチカン」はなんと言っても短い足が特徴的!短い足でトコトコ走る見た目の可愛さから「猫のダックスフンド」という異名を持っています。また見た目の可愛さも然ることながら、穏やかで優しく人懐っこい性格でとても人気の高い猫種です。

マンチカンについてもっとみる

『アメリカンショートヘア』を知ろう!

「アメリカンショートヘア」は、元々ネズミ捕りとして育てられていた名残で、好奇心旺盛で活発なねこちゃんです。運動能力が高いことに加え、優雅な毛並みと頭の良さが人気の理由。そんなアメリカンショートヘアの魅力を余すことなくお伝えします!

アメリカンショートヘアについてもっとみる
ポチライター
人気のキーワード