猫の視界から見た世界

猫の視界から見た世界

猫の視界に入った飼い主の顔は、はっきりと見えているか気になりませんか?そして猫の目は夜、キラリと美しく光りますが、そんなとき猫の視界からはどのように見えているのでしょうか。猫とヒトの視界の違いや猫の視界の特徴について、あれこれ調べてみました。

537view

猫の視界はヒトより広い

黒猫の目元

かつて、猫は小動物を捕獲して食物を手に入れていました。狩りをするには、広範囲を見渡せることが有利です。そこで、猫の視界はヒトよりも広範囲が見渡せるように広くなっています。では、他の生き物と全体視野を比べてみましょう。

  • ヒト約180度
  • 犬約220度
  • 猫約250度
  • 馬約330度
  • 鳥(ハトなど)約340度

鳥や馬は、ずいぶん視界が広いですね。しかし、視界が広いだけでは困ることもあるのです。狩りをするためには、物体までの距離がわからないと困ります。遠近感は、両目で見なければ感じられません。

鳥の両目の視界は約30度、馬や犬は約90度です。一方、ヒトや猫の両目の視界は約120度です。猫の狩りの成功率を高さは、この両目の視界の広さにあるようです。

草食動物の鳥や馬は狩りをする必要はなく、それよりも敵が襲ってきたときに早く気が付くために視界が広くなっているのです。

ちなみにヒトや犬、猫など視界が狭い動物は、眼球を自分の意志で動かすことで視界の狭さをカバーしています。眼球を動かす筋肉を外眼筋(がいがんきん)と言います。鳥や馬などは、この外眼筋は発達していないので眼球を動かすことができません。

猫の視界はカラフルじゃない

猫の目アップ

ヒトは赤・青・緑・黄色、更にその中間の色まで様々な色を識別できます。ヒトの目の網膜には、明るいところで色や形を識別する錐状体(すいじょうたい)細胞と、色の識別はできませんが暗いところでも形を認識することができる杆体(かんたい)細胞があります。明るいところでは、この錐状体細胞が様々な色を認識します。

猫の場合、この錐状体細胞が発達していなく、ヒトの6分の1~10分の1しかないと言います。これによって猫の視界では、色の違いがハッキリしないということです。青や黄色は認識しますが、特に赤ははっきりと識別できません。猫の視界では、赤いおもちゃも緑色のおもちゃも同じ色に見えているのですね。

また、弱視のため物の形もあまりはっきり見えません。視力は0.1~0.2ぐらいしかなく、更に近いところの物も30㎝以内は焦点を合わせることができません。昼間の猫の視界は、ぼんやりとしていて、ほとんど色のない世界が広がっているのです。

猫の視界では動く物ははっきり見える

ネズミを追いかける猫

このように、猫の視界に入る物体はぼんやりとしか見えていないのですが、これは静止した物体を見ているときのこと。一方で、猫の動体視力はとても良く、ヒトの4倍と言われています。猫は視界に入った小さな生き物を素早く見分ける能力が非常に高いのです。

ネズミのような小動物を獲物とする猫にとって、視界に入った獲物の色を見分ける必要はなく、それよりも動く物はどんなに小さなものでも素早く認識し見つけることが大切だったのでしょう。

さらに、猫の視界では、紫外線を感知しているかもしれないという報告もあります。鳥や昆虫、魚は紫外線を感知することが知られています。ヒトの目の水晶体は紫外線をブロックするので、視界に紫外線を見ることはできませんが、猫の水晶体は紫外線を透過させることができます。

そのため、紫外線を感知しているのではないかと言われているのです。けれども、猫の視界に紫外線がどのように映っているかは、まだよくわからない部分が多いとのことです。

猫の視界は夜更に良くなる

屋根を歩く猫とお月様

夜、キラリと光る猫の目は美しく印象的です。猫の目は夜美しいだけでなく、その性能も昼より高くなっています。暗所では、猫の視界はヒトよりもはるかに良く、はっきりと鮮やかに見ることができます。暗闇で猫の視界が保たれているのは、夜行性の生き物だからです。

その理由の一つは、猫の網膜の桿体細胞(かんたいさいぼう)にあります。昼間働く錐状体細胞は発達していませんが、桿体細胞は発達しています。この桿体細胞が、暗い中でもよく働いて猫の視界を保ちます。ちなみに、桿体細胞が多い動物は、縦長スリット状の瞳をしているものが多いそうです。猫もそうですね。

さらに、猫の目には網膜の裏に反射板(タペタム)というものがあります。瞳から入ってきた入射光は感覚細胞を刺激します。同時にタペタムに当たって反射し、この反射光もまた感覚細胞を刺激します。

このように、タペタムは少ない光を増幅させるので、弱い光でも猫は視界を保てるようになっているのです。猫は、ヒトの6分の1の光でも視界を保てるそうです。暗闇で猫の目を見たときや写真を撮ったときに猫の目が光って見えるのは、このタペタムに光が当たって輝いたためです。猫の目の美しさは、機能の高さでもあるのです。

夜、猫の写真を撮るときは、フラッシュを使わないようにしてあげた方がよいかもしれませんね。

まとめ

顔半分の猫 モノクロ

猫の視界はヒトよりも広く、かつ両目による視界も広いため、獲物までの距離を正確に認識することができます。ただし、色を認識する錐状体細胞は少なく、猫の視界はぼんやりとしていて白黒に近い世界を感じているようです。

けれども、猫の動体視力はヒトの4倍あり、暗いところで働く桿体細胞や光を増幅させる器官もあり、猫は夜の薄暗い中では物体がはっきり見えるようです。このような猫の視界の特性を知ると、かわいい猫を見る目も変わってきますね。

スポンサーリンク

人気のキーワード