猫の寄生虫について

猫の寄生虫について

猫の寄生虫にはどのくらいの種類があり、どのようにして感染してしまうのか、ご存知でしょうか。ここでは猫の寄生虫の中でも特に感染しやすいものを詳しくご紹介します。猫の寄生虫は人間にも感染してしまう場合があるので、正しい知識を持って猫を可愛がってあげてください。

690view

猫の寄生虫とは

こちらを見る野良猫

猫の寄生虫には、お腹に寄生する虫と皮膚に寄生する大きく分けて2種類の寄生虫が存在します。

お腹に寄生するもの

  • 猫回虫
  • 猫鉤虫(こうちゅう)
  • 瓜実(うりざね)条虫

猫の寄生虫の中でお腹に寄生するものの代表的なものはこの3種類です。これらは猫を室内飼いにしている事で感染する事はほとんどありませんが、うっかり外に出ててしまって感染したという事も珍しくありませんのでくれぐれも注意が必要です。

この他にも猫のお腹の寄生虫として有名なのは「トリコモナス」「マンソン裂頭条虫」「コクシジウ」があります。猫のお腹に寄生虫が付くと吐いたり下痢をしたり、重篤な状態になってしまう場合もあるので覚えておきましょう。

皮膚に寄生するもの

  • ノミ
  • 疥癬(かいせん)
  • ダニ
  • シラミ

猫の皮膚に付く寄生虫はこの4種類です。どれも一度は聞いたことがある名前ですよね。ダニにはミミダニとツメダニの2種類があります。猫の皮膚にこれらの寄生虫が付くととても痒がるので、体をしきりに猫が掻いている場合は疑ってみる必要があります。

猫の寄生虫の特徴や症状

ピンセットで猫の体についたダニを取るところ

ここでは猫に付きやすい代表的な寄生虫についてお教えします。

猫回虫

猫に食欲の減退や腹痛、下痢などの気になる症状が出た時、糞の中から5cmから10cmくらいの白い紐のようなものを発見したら猫回虫が寄生している可能性があります。他にもお腹が膨らむという症状もあり、おう吐物の中からも猫回虫を発見できる場合があります。

猫鉤虫

猫の腸に寄生して噛みつき、血液を吸ってしまうので貧血などの症状が出てくる場合があります。腸から出血するので下痢をしたり、便に血が混ざっていたりするとこの寄生虫が疑われます。1cmくらいの短い白い寄生虫です。

瓜実条虫

この寄生虫は猫の命に関わるような悪さをするものではありませんが、白い小さな卵が猫の便に混ざって出てくるので不快に感じられます。ノミを通して感染してしまうので、ノミの駆除が必要です。

ノミ

黒い小さな虫でピョンピョン飛び跳ねるので発見しやすいです。血を吸って痒みを残すので、猫には大きなストレスにもなります。

疥癬

これもダニの一種ですが、目に見えないのでなかなか発見する事ができません。かさぶたができる事が特徴で、痒みは激しくフケも出るようになります。

ダニ

ダニにはツメダニとミミダニがいますが、ツメダニが寄生するとフケがたくさん出てくる特徴があり、ミミダニが寄生した場合は耳あかがたくさん出てきます。どちらもやはり痒がります。

シラミ

目で実際に見つける事ができる大きさです。2mmくらいの小さな白い寄生虫で、猫に痒みとフケが出るのが特徴です。抵抗力のある成猫には、あまり症状が現れない場合が多いです。

猫の寄生虫は人にも感染する

猫にくっつく女性

猫の寄生虫は人にも感染してしまうのでしょうか?一緒に暮らしている猫ちゃんの体に寄生虫が付いていたら、ここが一番気になりますよね。猫の寄生虫は人間にも感染する恐れがあるものと、その心配が無いものがあります。

まず、猫のお腹の寄生虫に関しては全て感染する危険性があります。全て検便する事によって寄生虫の検査をすることができますが、人間に出る症状はお腹の調子が悪くなってしまう事が多いです。

お腹の寄生虫がいる猫にキスをしたり、抱っこしたり撫でたりする事で感染するリスクが高まります。赤ちゃんのいるご家庭は、成長不良を起こすような症状が現れる場合もありますし、妊婦さんのいるご家庭では胎児への感染の心配もあるので注意が必要です。

猫の皮膚の寄生虫も、マダニや疥癬、ノミなどは感染して人間にも痒みや発疹などの症状を起こします。ただし、猫に寄生するシラミに関しては、猫にしか寄生しない種類なので人間に感染する心配はありません。

猫の寄生虫を駆除する方法

注射器とダニ

完全室内飼いの猫や、清潔なペットショップなどから入手した猫に関しては寄生虫の心配は殆どありませんが、何らかのきっかけで野良猫を飼う事になった場合や、迷い猫を飼う事になった場合は寄生虫がいる可能性がかなり高いので絶対に駆除してあげる必要があります。

猫の寄生虫を駆除するお薬は、ペットショップやホームセンターなどでも市販されています。種類は錠剤タイプのものやシロップになっているもの、粉末状のものなど種類が豊富です。

そして、猫の寄生虫はしっかりと駆除してあげないと再び寄生されてしまう恐れがあります。病院で便の検査をしながら投薬治療を続ける方法が一番確実なので、病院に連れて行って駆除する事をおすすめします。

まとめ

獣医に耳を見てもらう猫

猫の寄生虫には様々な種類があり、大きくお腹に寄生するものと皮膚に寄生するものに分けられます。猫はお腹の寄生虫によって下痢や血便などに苦しめられ、皮膚の寄生虫によって激しい痒みで強いストレスを感じるようになります。

猫の寄生虫は人間にも感染する恐れがあるので、寄生虫が住み着いていると分かった時点ですぐに駆除してあげましょう。

スポンサーリンク

人気のキーワード