猫が熱中症になる原因や応急処置について

猫が熱中症になる原因や応急処置について

年々地球の温暖化で夏が暑くなる現象が全国各地で起こっています。それに伴い猫が熱中症になってしまうケースも増えています。ここでは猫が熱中症になる原因は何なのか、また、もし猫が熱中症になってしまった場合の応急処置はどのようにしたら良いのか、詳しくお教えします。

336view

猫の熱中症とは

外でお昼寝中の猫

暑くて水も飲めない、そんな環境の中に何時間もいると人間でも熱中症になりますが、猫の熱中症も正にそれと全く同じ状況で起こります。また、緊張などで体温が急に上がってしまうような場合にも、猫は熱中症になります。

一般的に、猫は暖かい温度を好み寒い環境が苦手な動物ですが、汗をかくことができる部分は肉球しか無く、真夏のような暑さの中では体温調節がとても難しくなります。

猫は犬と同様、パンティングという口から息を出して体の中の熱を逃がしてやる方法で体温調節を行いますが、暑さが長引くとそれにも限界が来てしまいます。体の中に熱がどんどんこもっていき、猫は熱中症になってしまうのです。

猫は熱中症になるといつもの様子とは全く違い、ぐったりとして動けなくなる場合もあります。そうなると素早く応急処置をしてあげなくては命の危険も伴います。

猫が熱中症になったら体を冷やしてあげるなどの応急処置を直ちに行い、それから病院へ連れて行きましょう。1分1秒を争う場合もあるので、熱中症の疑いがある場合は病院へ行く前に、まずは飼い主さんの手で処置を行ってください。

猫が熱中症になる原因

ひなたぼっこする猫

猫は人間と同じ環境にいる限り、よほどの事が無い限り熱中症にはなりません。では、猫が熱中症になってしまう可能性がある原因は何なのでしょうか。

真夏のキャリーケースは危険

病院へ行く時などに使う便利なキャリーケース。空気が入る穴はありますが、真夏の高湿度の日にはかなり蒸し暑くなってしまっています。そんな状況で、長時間猫を入れっぱなしにしておくと熱中症になってしまいます。

キャリーケースに入れただけでも、猫は緊張してしまい体温が上がりやすくなります。緊張によるパンティングをご覧になった事がある飼い主さんも多いのでは無いでしょうか。真夏のキャリーケースは猫の熱中症にくれぐれも気を付けましょう。

暑い環境の中に長時間いる

閉め切った窓、エアコンの付いていない屋内で長時間の留守番は猫を熱中症にしてしまう危険性があります。エンジンを切った車の中にちょっと置いておいただけで、猫が熱中症になってしまう場合も。

暑い環境に長時間いると、徐々に体温調節が追い付かなくなります。真夏の車の中は急激に温度が高くなり、猫が熱中症を起こす条件が揃うのです。

エアコンを切って家で留守番をさせる場合には、必ず風通しの良い涼しい場所を確保してあげて、猫が自由に移動できるようにしておかなくてはいけません。日差しの強い日には、車内にエンジンを切った状態で猫を置きっぱなしにしないでください。

猫が熱中症になった時の症状

横たわる野良猫

猫が熱中症になったらどのような症状が起こるのでしょうか。猫は急に体温が上がってしまうと熱中症になりやすく、一目でおかしいと判断できるような症状が起こります。

  • パンティングが激しい
  • ぐったりして全く元気がない
  • 大量によだれが出ている
  • 歩き方にふらつきがある
  • 心拍数が異常に多い

などが猫の熱中症による主な症状です。

また、熱中症が重度になってしまうと、次は

  • 痙攣(けいれん)
  • 吐血
  • 下血
  • 意識不明
  • チアノーゼ

などの症状が起こり、こうなってしまうと既に命に危険がある状態です。

特に、子猫や老猫は体温調節がうまくできないので熱中症になりやすく、飼い主さんの細心の注意が必要となります。また、抵抗力も無いので熱中症によって命を落とす危険性も高いので、迅速な処置が必要となります。

猫が熱中症になった時の応急処置

日陰で休む野良猫

猫に熱中症の症状が見られるとき、どうしたら良いのでしょうか。

一番初めに行う事は、猫を涼しい環境へ連れて行く事です。猫は体温が上がった事で熱中症になっているので、その上がった体温を下げてあげなくてはいけません。

風通しの良い日陰に連れて行き新鮮な水を与えて、霧吹きなどで体に水をかけてあげましょう。また、小さめのアイスノンや保冷剤などをタオルで包んで猫の首やわきの下などに当ててあげると効果的です。水で濡らしたタオルを体にかけてあげるのも良いでしょう。

できれば猫の熱を測りながら、熱中症の場合は40度以上になっている事がほとんどなので39度になるまで応急処置を続けてください。この時、体温を下げ過ぎないように注意しましょう。

猫の体温を測るときは、動物用の体温計を使いましょう。もしも自宅にない場合は、普通の体温計をラップで包み肛門から2センチくらいを目安にして挿入し測ります。

猫が熱中症で呼吸が苦しそうな場合は、呼吸が楽にできるよう首を真っすぐな状態にしてあげてください。これらの事を行いながら動物病院へ連絡し、医師の指示を受けて診察してもらいましょう。

猫と熱中症に関してのまとめ

寝ている猫

猫の熱中症は風通しの悪い暑い環境にいることや、緊張によって急に体温が上昇する事で起こります。猫は熱中症になると苦しそうに息をし、元気や食欲が無くなります。

猫が熱中症にならないよう、部屋の温度に注意してあげる事が大切です。もしも猫が熱中症かもしれないと思ったときは、すぐに体を冷やしてあげることを忘れないでください!

スポンサーリンク

人気のキーワード