猫のおやつ 与えていいもの・悪いもの

猫のおやつ 与えていいもの・悪いもの

猫におやつをあげたいと思っていても、どんなおやつがいいのか、いつあげたらいいのか、また猫にとって良くないものはあるのかが気になりますよね。そこで、猫のおやつについてどんなものがあるのか、注意点とともに調べてみました。簡単な猫のおやつの作り方についても書いてありますので、愛猫との毎日の暮らしの中でお役に立てれば嬉しいです。

619view

猫のおやつで与えて良い物

果物と子猫

市販の猫のおやつを買わなくても、身近な食べ物で猫のおやつになるものはないでしょうか?猫が食べても良い食べ物や、気を付けたい食べ物を調べてみました。

  • 火を通したお肉(鶏のささみや胸肉など)
  • 火を通した魚(塩分のないもの)
  • かつお節
  • 無塩の煮干し
  • 火を通した卵(しっかり火を通した茹(ゆ)で玉子など)
  • 味の付いていないノリ
  • 一部の野菜(ニンジン、サツマイモ、キャベツ)

などは猫が食べれるものになっているので、この食材を使用して愛猫のおやつを作ることができます。

では逆に、猫が食べてはいけないものにはどのような食べ物があるのでしようか?注意が必要な食べ物で代表的なものは、

猫のおやつで与えてはいけない物

玉ねぎと子猫
  • ネギ類
  • 鶏や魚の骨
  • 生の豚肉
  • 生のイカやタコ
  • アワビ
  • 人用の牛乳
  • チョコレート

ネギ類・・・猫の赤血球を破壊する成分が含まれているため、子猫や高齢の猫は重度の貧血になる恐れがあります。ちなみにネギ類には、

  • 玉ねぎ、長ネギ
  • ニラ
  • ワケギ
  • アサツキ
  • らっきょう

なども入ります。

鶏や魚の骨・・・鋭くなっており、のどや消化器官を傷つけやすいため、取り除くようにしてください。

生の豚肉・・・トキソプラズマ症の原因になるため、必ず火を通してくださいね。

イカやタコ・・・消化が悪いため、おう吐や下痢の原因になります。特に生のイカは、ビタミンB1欠乏症を引き起こす恐れがあります。

アワビ・・・アワビの内臓に多く含まれるピロフェオホルバイドaなどの光励起物質が猫の体内に吸収されると、光線過敏症の原因になることがあります。

光過敏症になると強いかゆみを引き起こし皮膚炎の原因になるのですが、皮膚の薄い耳は特に影響を受けやすく、耳がボロボロになってしまうのです。

「猫にアワビを食べさせると耳が腐る」、「猫はアワビを食べると耳が落ちる」とよく聞くのはそこから来ているのでしょう。

人用の牛乳・・・これは猫が飲むと消化が上手くできずに、下痢や軟便になることがあります。乳糖の少ない猫用ミルクがありますので、専用のミルクにすれば安全です。

チョコレート・・・カカオマスに含まれる成分が中毒症状を引き起こす恐れがあります。おう吐・下痢や排尿障害、筋肉の震えなど様々な症状が現れます。

このように、身近な食べ物の中に、猫に重篤な症状を引き起こすものもあるため、十分な注意と配慮が必要になります。
猫にとっておやつを食べることは楽しみの一つでもあるので、安全に美味しく食べてもらいたいですね。

猫のおやつの与え方・選び方

猫を抱く女性

猫のおやつには、市販のものもたくさんありますし、人がふだん食べているものの中にも猫が食べられるものがあります。猫にとっておやつの良いところと、どのようなおやつがあるのかを調べてみました。

おやつの良いところ

猫にとって、おやつはどうしても必要なわけではないのですが、食欲がないときや、いつもの食事に飽きてしまった時など、栄養を補うことができ、しつけや御褒美のときにもおやつは役に立ちます。

猫のしつけのときには怒るよりも褒めると効果があると言われているため、

  • トイレを失敗せずにきちんとできたとき
  • 爪切りや歯磨きのあと
  • ブラッシングのあと

このようなときにあげると、その行動が猫にとって良いこととして結びつきやすくなります。また、病院に行った後やお留守番の後に御褒美としてあげてみてはいかがでしょうか。

おやつの種類とその特徴

26644649猫草を食べる猫

猫のおやつとしてどんなものが良いのか考えるときに、猫が喜んでくれることはもちろん、健康のことも大切な要素です。そこで、食事では足りない栄養を補うおやつや、歯のケアになるもの、毛玉ケア、便秘予防の効果のあるおやつなど、様々なおやつの種類についてみてみましょう。

  • 乾しカマボコやジャーキー、クッキーなど(ドライタイプ)
  • 蒸しささみや焼きかつお(ソフトタイプ)
  • パウチに入ったものや缶詰(ウエットタイプ)
  • 猫用ガム
  • またたび
  • 猫草

ドライタイプ・・・噛みごたえがあり歯に付きにくいのが特徴です。また、噛むのに時間がかかるためゆっくり楽しむことができます。

ソフトタイプ・・・柔らかいので食べやすく風味が良いので好む猫ちゃんも多いのではないでしょうか。

ウエットタイプ・・・柔らかく味の良いものが多く、噛まずに舐めて食べるタイプのものがあります。

猫用ガム・・・歯磨きを目的にしたものが多くよく噛むことで歯垢(しこう)を落としてくれるので歯磨きが嫌いな猫ちゃんにオススメ。

またたび・・・食欲のないときに粉末のものをフードに混ぜてあげることで食欲を促してくれます。ただし、またたびは脳を麻痺させていることになりますから、あげすぎは危険です!

猫草・・・毛玉を吐き出す手助けをしてくれることや、便秘の解消にも良いと言われています。

ここでは代表的な猫のおやつを御紹介しましたが、他にもいろいろなおやつがあります。猫によって好みも様々ですので、その子の好きなおやつを一緒に探してみるのも楽しいですね。

猫のおやつの作り方

41027169女の人が台所で調理をしている所

市販のものには、着色料などの添加物が入っていないか不安になることがあります。手作りですと、何が入っているのかもわかりますし我が家の猫の好きな味にすることもできます。ここでは簡単な猫の手作りおやつの作り方を御紹介したいと思います。

鶏ささみのジャーキー

材料・・・鶏のささみ

①鶏ささみの筋を取って、薄く縦長にスライスします。

②耐熱のお皿に並べます。

③電子レンジでささみが白っぽくなるまで加熱します。ささみが薄いので、加熱し過ぎると硬くなるため注意してください。

④オーブン200度で両面を焼きます。片面10分ずつが目安ですが、御自宅のオーブンによって火力が変わるので焼き過ぎないように注意してください。

犬用にも猫用にもなります。猫は犬のように顎の力が強くないので、硬すぎないように気を付けて作ってください。ささみジャーキーを作った方の中には、猫用とは別に人用に味を付けて作られた方もいて、猫にとっても人にとっても美味しいおやつのようです。

カツオのなまり節風

材料・・・カツオのサク(お刺身の残りでもできます)、煮干し、水(カツオのサクが浸るくらい)

①カツオに小骨があったときには、取っておいてください。

②水に煮干しを入れ沸騰させます。

③水が沸騰したらカツオを入れて、弱火にします。

④カツオにしっかり火が通るように10分から15分煮ます。

⑤火を止めてお鍋に蓋をしたら、そのまま常温で冷まし、カツオが冷めたら完成です。

だし汁ごと密閉容器に入れて冷蔵庫で保存できますが、なるべく早めに食べてください。ほぐしてから猫にあげると食べやすくなりますよ。カツオだけではなく他の赤みの魚でも美味しくできます。ゆでたお野菜を細かく切って加えると、なお良いですね!

お魚の好きな猫や、甘いものが好きな猫、お野菜が好きな猫など猫によっても好みがさまざまです。バターを使わず、猫の体に良い亜麻仁油を使った猫用クッキーなど、いろいろな工夫ができ、愛猫の好みのおやつを作ることができるのは手作りならではの良さですね。

猫におやつをあげるときの注意点

猫と飼い主

食べてはいけないもの以外にも、猫におやつをあげるときには気を付けたいことがあります。毎日おやつをあげてしまうと、栄養の摂り過ぎのほか、おやつばかりをねだるようになってしまうことや、大切な食事を食べなくなってしまうことがあります。

おやつをあげる頻度が多いときには、鶏のささみなど低カロリーのものにすること、そして高カロリーのおやつは月に1~2回と頻度や量を少なくしてあげれば、健康を保ちながらも愛猫におやつを楽しんでもらうことができます。

愛猫がおやつを食べて喜んでくれるのは、人にとってもうれしいことですよね。猫も人も健康で楽しい毎日を過ごすために、猫とのおやつの時間を、日々の暮らしの中の小さな笑顔の素にしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

人気のキーワード