猫アレルギーは治るのか!3つの対策方法

猫アレルギーは治るのか!3つの対策方法

猫が身近にいることで発症してしまうアレルギーですが、この猫アレルギーは治るのでしょうか。猫アレルギーが治るためにはどのような対策をすればいいのでしょうか。ここでは猫アレルギーは治るのか、どんな治療をすれば良いのか詳しくご紹介します。

937view

猫アレルギーは治るのか

点鼻薬を持つ女性
  • 猫アレルギーは治る可能性がある
  • ①自分の免疫力を上げる
  • ②猫の毛・フケの対策をする
  • ③乳酸菌を取る

猫アレルギーは治るの?と疑問を持ちながら抗ヒスタミンの薬を病院で処方してもらって毎日飲んでいる人もいることと思いますが、実は薬を飲んだからと言って猫アレルギーは治るわけではありません。

では、猫アレルギーは治らないのか?いいえ、猫アレルギーが治ったという人も実はたくさんいるので、猫アレルギーが治る可能性は確かにあるのです。薬を使わずに猫アレルギーを治すには、毎日の生活習慣見直し猫の毛やフケの対策をすることが大切です。

猫のアレルゲン物質

  • 猫の唾液
  • 猫の被毛
  • 猫のフケ

猫アレルギーは猫の唾液がアレルゲンだと言われています。猫の毛やフケなどに猫の唾液が付着していることにより、それに触れたり家中に飛散してしまうことで症状が出てきますので、毎日猫へのケアを欠かさないことで、猫アレルギーが治る可能性がグッと高まります。

猫アレルギーが治るかもしれない方法 ①免疫力を上げる

鼻をかむ女の子と猫を抱く女の子

猫アレルギーを発症するのは免疫反応の異常であり、免疫力の低下が最大の原因です。猫アレルギーが治るようにするには、まず最初に自分の免疫力を上げなくてはなりません。ここから猫アレルギーを治すために免疫力を上げる方法をご紹介します。

大人になってから急に猫アレルギーになってしまったというケースや、実家から離れて暮らすようになりたまに実家へ帰ると猫アレルギーを発症してしまう場合など、急に猫アレルギーになってしまうパターンも意外と多いのです。

1.規則正しい生活習慣を心がける

朝昼晩、きちんと食事を摂ることは毎日の生活で基本中の基本ですが、これがしっかりできていないと免疫力がどんどん落ちていきます。食事や睡眠などの生活リズムを見直してみましょう。(成人の場合、1日の理想睡眠時間は6時間~8時間と言われています。)

2.身体を温める

体温を上げると免疫力も高まります。体を温める効果がある香辛料を使ったメニューや青魚などを積極的に食べると良いでしょう。また、湯船に浸かってしっかり体を温めることも効果的ですが、筋肉を動かせば必ず発熱しますので運動をすることによって効果が期待できます。

猫アレルギーを治すためには、最低限この2つは頭の中に入れて生活しましょう。免疫力を上げるということは猫アレルギーが治る可能性を高めるだけでなく、健康的な生活を送ることができるというメリットもあります。

猫アレルギーが治るかもしれない方法 ②猫の毛・フケのお手入れ

猫のブラシと毛

1.毎日ブラッシングする

猫の毛は必ず毎日抜けてしまいます。その毛が家の中に落ちる前にブラッシングで先にキャッチしてあげることは、猫アレルギーを治すことにつながっていきます。

そこで効率よく猫の毛をキャッチして、猫アレルギーが治る環境にしましょう。猫の毛を毎日ブラッシングする際に気を付けたいのは、手袋などをはめて直接猫を触らないようにする事と、マスクの着用です。

できれば猫アレルギーをお持ちでない家族の方にお願いするのが一番ですが、どうしても自分で行う場合には配慮することが必要です。また、ブラシは毛並みを整えるものより、抜け毛の処理に秀でた獣毛ブラシやラバーブラシを使いましょう。

2.シャンプーする

シャンプーされる猫

猫アレルギーを治すために効果的な方法として、猫をシャンプーすることもおすすめです。ただし、猫は水を嫌がる場合が多いので頻繁にシャンプーはできません。そこでご紹介したいのがドライシャンプーです。

猫用ドライシャンプーはスプレータイプのものや、シートタイプのものなどいろいろな製品が市販されているので利用してみてはいかがでしょうか。

猫アレルギーが治るかもしれない方法 ③乳酸菌を取る

フルーツとヨーグルト

猫アレルギーを治すためには、毎日の食事内容にも気を使いたいところです。猫アレルギーに効果的であるかは分かりませんが、乳酸菌を含んだ食品を摂取すると症状が治まるという説があります。

腸の働きを良くしてくれることでもおなじみの乳酸菌ですが、アレルギーにも効果があると分かってきています。乳酸菌はヨーグルトの他にも納豆やみそなど毎日何げなく摂っている食事にも含まれています。

昔よりみそ汁を飲む機会が減ったことでアレルギー患者が増えているという説もあるので、猫アレルギーが治るように乳酸菌を積極的に摂取してみてはいかがでしょうか。

猫アレルギーが治る可能性についてのまとめ

猫をだく女性

猫アレルギーに限らず、花粉症や食べ物アレルギーなど「アレルギー」と呼ばれているものは、アレルゲンになる物質にはなるべく近寄らない、摂取しないなどの対策が必要となります。

猫アレルギーに関しても、猫に近寄らないのが猫アレルギーを発症させずに済む1番の方法ですが、猫に近づけない、触れられないのは猫好きにとって、とても悲しいこと。そしてアレルギー症状がひどい場合、猫を家で飼うことができなくなり手放すことも考えなければなりません。

猫アレルギーは一度発症してしまうと、絶対治るというものではありません。ただし、猫アレルギーが治る可能性を高めることはできます。何の対策もしていなければ猫アレルギーが治ることはないので、ここでご紹介した方法で猫アレルギーが治ることを祈って実践してみましょう!

50代以上 女性 ルディ

猫を迎える前から、じんましんが出ていました。原因不明です。
そして2匹同時に猫を向かえた翌年の春に、目のアレルギー(かゆみ)を発症しました。
目薬を処方され、なるべく布団で一緒に寝ないように指導されましたが、
ずっと一緒に寝ていました。
身体が猫に慣れたのか、今は目のほうは落ち着いていますが、じんましんは
出ています。
記事にあるように、①免疫力をあげる③乳酸菌をとるは実施しています。
②につきましては、ブラッシングは気がついたときに、シャンプーは
うちは長毛の猫のみ夏に数回しか洗いません。
そのうち治ればいいですが、うまくつきあっていこうと思っています。

30代 女性 マルチ

猫を飼っていても特に問題がないので、私自身は猫アレルギーではないと思います。ただし、免疫力の低下による反応も原因ということは、これから発症する可能性もありえるので注意しないとですね。嬉しいことに規則正しい生活習慣も心がけていますし、体を温めるように足元にダウンのブーツ型のルームシューズをはいているので、免疫力対策はばっちりです。猫のお手入れに関しては、ブラッシングもシャンプーもほとんどしていない状況です。お義父さんが夏に1度ブラッシングをしているのを見たことがありますが、基本的には手で身体中を毎日丁寧になでなでしてあげています。ブラッシングは床に抜け落ちた毛が散らばるのを防いでくれますし、ブラッシング習慣の提案をお義父さんにしてみようと思いました。猫にシャンプーをしている写真が可愛くて感動しました。こんな可愛い写真が撮れるなら、うちの猫にもシャンプーをしてあげたい。猫が水を怖がるようなら残念です。私の友人が猫アレルギーなので、今回教えていただいた知恵を伝えて、愛らしい猫と触れ合える日が訪れるように応援したいです。

30代 女性 唯香

私自身、猫アレルギー持ちですが雑種(短毛種)の愛猫と暮らしています。子供時代はアレルギーの症状が強く、猫と触れ合うと鼻がムズムズしたり、目が痒くなったりしていましたが、現在その症状は殆どありません。ただ、記事にもあったように体調が悪い時に過剰に触れ合うと、皮膚の柔らかい部分が少し痒くなる事がありますが、さほど気にならない程度です。

猫アレルギー自体を完治させる事は非常に難しいかもしれませんが、症状を軽減させる事はできると思います。猫自身のお手入れも重要ですが、執拗にブラッシングやシャンプーを行う事は猫にとってストレスになってしまう可能性もあるので注意したいですね。

猫のお手入れはもちろんですが、まず第一に毎日こまめに掃除をしたり、空気清浄機を利用したりして、お部屋を清潔に保つ事が重要だと思います。お部屋を清潔に保つ事で、軽度なアレルギー症状であれば防ぐ事が出来る場合もありますよ!実際に、お世辞にもキレイとは言えない知人宅(猫ちゃんが2匹居ます)のお家へ行くと鼻がムズムズする事がありますが、自宅でアレルギー症状が出る事は殆どありません。

ちなみに、いきなり掃除機をかけると抜け毛が舞い上がってしまうので、まずはドライタイプのフローリングワイパー等で抜け毛を集めるのがオススメです。棚の上等は、ハンディモップや霧吹きで水を吹きかけながら掃除すると、抜け毛をキレイに取り除く事ができますし、ほんの少しの工夫で空気中に飛び散る抜け毛を軽減させる事が出来ますので、是非試してみて下さいね!

スポンサーリンク

人気のキーワード