猫の粗相の原因と対策について

猫の粗相の原因と対策について

一生懸命トイレを教えているのに猫が粗相ばかりしたり、トイレトレーニングが終わっているのにも関わらず、猫が粗相をしたりして、ガッカリする事ってありますよね。そんな困った猫が粗相する原因と対策について、詳しくご紹介していきます。

734view

猫の粗相とは

カーペットの上の猫

猫の粗相とは、布団やカーペットの上などでオシッコやうんちをしてしまう、飼い主さんにはちょっとガッカリな行動です。猫は本来、砂の上で用を足す習性があるので、猫用トイレの中に砂を用意してあげると、場所さえ覚えてしまえば失敗しなさそうです。でも、猫が粗相をすることって意外と多いんですよね。

ただ単純に間違えて猫が粗相したわけではなく、ちゃんと理由があってトイレで用を足すことができなかったという場合も多いのです。

そんな猫の粗相の原因として考えられるのは、トイレが気に入らなかったり、ストレスだったり、年齢によるボケの症状だったりします。また、猫の習性でもあるマーキングの場合もあります。マーキングは普段のオシッコの臭いに比べるとかなりきついので、臭いをとるのも大変ですよね。

では、猫に粗相をさせないようにするには、どうしたら良いのでしょうか。ここはやはり、猫が何故粗相をするのか、その原因を見極めて、それに対して一つ一つ問題を解決していく必要があります。まだトイレを覚えていない子猫ではない限り、猫の粗相には原因があり、その対策もあるのです。

猫の粗相対策 トイレが気に入らない場合

猫のトイレ

猫が粗相をする場合、トイレが気に入らないといっても、色々なケースがあります。ここでは、トイレが何故気に入らないのかの原因と対策をご紹介します。

トイレが汚い

猫は綺麗好きなので、トイレがあまりにも汚れていると、他のところでしたくなります。猫によっては、粗相をすることで飼い主さんにトイレが汚れていると教えている場合もあるんです。トイレの砂の中に、ウンチがいっぱい隠れてはいませんか?おしっこで砂が湿っていたり、臭いがきつくなったりしていませんか?こまめに猫のトイレをチェックして、綺麗な状態にしておきましょう。

トイレの場所が気に入らない

トイレの周りの環境が気に入らない場合、猫は粗相をすることがあります。人の通りが激しい場所であったり、嫌な臭いや音がしたりするなどでも、トイレに行くのを嫌がります。猫は落ち着いて静かに用を足すことができる場所を、トイレの場所として好みます。トイレはできるだけ隠れることができるような場所で、話し声や音があまり聞こえないところに置いてあげてください。また、餌や水を飲む場所からも遠ざけましょう。トイレの臭いは、食欲を無くしてしまう原因になります。

トイレの砂が気に入らない

最近は猫用のトイレシーツも販売されていますが、やはり主流となっているのはトイレの砂ですね。これにも色々なタイプのものが売っていますが、猫にも好みがあるのをご存知でしょうか。砂の大きさや匂いが気になる猫や、砂の上に乗った時の感触にこだわる猫もいるんです。トイレも綺麗だし、場所にも問題がないとしたら、トイレの砂を変えてみれば猫の粗相が治まるかもしれませんよ。

猫の粗相対策 トイレ以外が原因の場合

ストレスのある猫

猫がトイレを気に入らなくて粗相をするのではないとすれば、ストレスや認知症なども原因として考えられます。

環境の変化がストレスとなっている場合、例えば引っ越しや新しい家族が増えたなどが、原因になることが多いです。ストレスがあると、突然猫が粗相をするようになることがあります。この場合、環境を元に戻すのは難しいですよね。対策としてできることも、実はこれといったものがありません。しかし、飼い主さんとの信頼関係を深めることで、改善されることが大いに期待できます。信頼関係を深めるには、とにかく猫と遊んであげてください。猫は飼い主さんにかまってもらえるのが一番の幸せで、ストレスが軽減されていくのです。

年齢による認知症や病気の場合でも、猫は粗相をします。大腸炎や尿路結石になると、猫は排泄時に痛みを感じるようになります。トイレでの排泄時に痛みを感じると、トイレの記憶に痛みの記憶がインプットされて、トイレに行かなくなることがあります。病気に関しては病院で治療を受け、認知症に関してはおむつやパンツも考えた方が良いかもしれません。

猫の粗相対策 マーキングの場合

トイレをすませた猫

猫の粗相の中でも、マーキングに頭を悩ませている飼い主さんも多いのではないでしょうか。マーキングとは、自分の縄張りを示すためにオシッコをかける行為で、他にも不安を感じる時に行われるスプレー行為があります。どちらもいつものオシッコよりも濃い成分なので、猫の粗相の中でも臭いがなかなかとれなくて苦労します。

猫の粗相の中でも、マーキング行為は去勢・避妊手術で防ぐことができる場合が多いです。手術は子猫のうちにしておかなくては、あまり意味がありません。マーキングは発情と共に起こりやすくなり、発情を経験してしまうと、記憶の中でマーキングの行為が残っていて、たとえ手術をしても思い出してくり返してしまうのです。

スプレー行為による原因は様々で、猫の様子を見て、原因を排除してあげましょう。また、猫のトイレを増やしてあげるという方法も有効です。

まとめ

猫と女の子

猫の粗相は、人間の粗相のように失敗から来るというよりも、原因がある場合が多いです。猫の粗相は叱ったりせずに、まず原因究明から始めてみましょう。原因が改善されれば、猫も粗相をしなくなるでしょう。

スポンサーリンク

人気のキーワード