さくらねこの意味と活動の目的

さくらねこの意味と活動の目的

「さくらねこ」って聞いたことがありますか?ある団体が無料で野良猫の不妊手術を行い、その証として猫の耳に三角の切れ目を入れます。えっ!切っちゃうの?可哀想!と思うかもしれませんが、実はこのさくらねこは、とっても恵まれています。ここでは、そんな「さくらねこ」について詳しくご紹介します。

505view

さくらねことは

さくらねこ上半身

さくらねことは、公益財団法人「どうぶつ基金」が、野良猫を捕獲して不妊手術を施し、もとの場所に戻すという活動により、処置を受けたねこの事を言います。

捕獲された猫は麻酔をかけて不妊手術が行われ、最後に耳に三角の切り込みを入れて、不妊手術を受けていると、ひと目で分かるようにしています。切込みが入った耳の形が桜の花びらの形に似ているので、「さくらねこ」という名前がつきました。

この活動は、猫の殺処分をゼロにするために始まったものです。この活動に賛同する全国各地の動物病院の協力を得て、無料で飼い主のいない野良猫の不妊手術が行われています。野良猫はケガをしないように捕獲され、速やかに不妊手術の処置を施され、また元の場所に戻されます。

さくらねこを地域で見かけたら、この猫は不妊手術が終わっている野良猫で、子孫を増やす事が無い猫であると思ってください。子孫を増やす事が無いという事は、殺処分によって死んでしまう不幸な猫が生まれて来ないという事です。毎年10万匹以上の猫が殺処分されているという現実が、さくらねこを1匹でも増やしていくことで改善されるのです。

さくらねこの活動の意味

授乳する野良猫

野良猫を捕獲して不妊手術を施し、さくらねこにする活動をするのには訳があります。そもそもメス猫は避妊手術をしていないと、1年にどのくらい子猫を生むかご存知でしょうか。

通常、メス猫は2月から4月の間と、6月から8月の間に発情期が訪れます。メス猫の発情によりオス猫が発情するので、オス猫の発情もこの時期に起こります。交尾したメス猫は、60日から65日間の妊娠期間を終えて出産しますが、野良猫の場合、出産後またすぐに妊娠することは珍しくありません。そして、猫は多胎動物なので、一度に2匹から多い時は6匹の子猫を生みます。野良猫のメスは、避妊手術をしていなければ1年に3回出産する事もあり、一生のうちに40匹以上子猫を生む事があってもおかしくないのです。

生まれた子猫はまた野良猫となり、成長したメス猫はまた子猫を産んでいきます。その結果が、現在の殺処分の驚くべき数へと繋がっていくのです。年間10万匹以上の猫が動物愛護センターで殺処分されていますが、その多くは子猫たちです。この可哀そうな現実を改善するには、地道な作業ではありますが、野良猫の不妊手術を行っていくしか無いのです。

もちろん、殺処分されてしまうのは野良猫だけでは無く、無責任な飼い主に持ち込まれた猫も含まれています。しかしその数は、やはり野良猫に比べると圧倒的に少ないです。

さくらねこは避妊手術を受けている猫なので、これ以上子孫を増やす事がありません。子孫を増やす事ができないという事は、殺処分される可能性がある子猫が生まれて来ないという事です。さくらねこを見かけたら、1代で終わってしまう野良猫なので、温かい目で見守ってあげてください。

さくらねこにする事のメリット

塀の上のさくらねこ

さくらねこにする事で、妊娠させる可能性や妊娠する可能性が無くなり、殺処分される猫も減るというメリットがありますが、実はその他にもさくらねこにする事でメリットがあるのです。

猫は不妊手術をすることで、発情による問題行動を抑える効果があります。例えば、大きな独特な鳴き声で、発情期になると夜な夜な聞こえてくる猫の声。これは発情した猫同士が声を出して呼び合っているのですが、このような事も抑えることが可能です。また、おとなしい性質に変わり、攻撃性も薄れる効果があるので、猫同士のケンカもしないようになります。ケンカの怪我などから病気を感染してしまうケースも多いので、そのような病気からも守ってあげる事ができます。

また、オス猫であれば精巣腫瘍、メス猫であれば乳腺腫瘍や子宮蓄膿症の予防になります。一般的に、不妊手術をした猫は長生きできると言われているので、さくらねこは野良猫の中でも幸せな猫であると言えるでしょう。

さくらねこの活動に参加したい場合

ノートパソコン

少しでも猫の殺処分を減らしたいと思ったら、公益財団法人「どうぶつ基金」が行っている、さくらねこの活動に参加する事ができます。ホームページから協働ボランティアの申請を行い、さくらねこ無料避妊手術のチケットの発行を申請します。その後、どうぶつ基金で審査を待ち、通ればチケットを郵送で送ってもらえて、晴れてさくらねこの活動に参加する事ができます。

活動内容は、飼い主のいない猫を傷つけないよう注意して捕獲し、協力病院へ連れて行って避妊手術を受けさせ、耳を桜の形にカットしてもらいます。その後、また元のところへ猫を戻してあげたら終了です。

興味のある方は是非一度、公益財団法人「どうぶつ基金」のホームページを覗いてみましょう。

まとめ

眠るさくらねこ

さくらねこは、飼い主がいない野良猫に避妊手術を施してやり、その証明として桜の花びらのような形に、耳の先に切り込みを入れた猫です。さくらねこは手術を終えると、今まで暮らしていた町へ戻され、それまで通りの生活をします。さくらねこが増えていく事で、確実に猫の殺処分が減っていきます。さくらねこは、平和の証でもあるのです。

スポンサーリンク

人気のキーワード