黒猫ボンベイ 特徴と性格

黒猫ボンベイ 特徴と性格

ボンベイという猫は、日本では希少な品種です。黒く美しい被毛が魅力のボンベイですが、どのような特徴をもつのでしょう?歴史から性格、かかりやすい病気まで、ボンベイについてご紹介します。

226view

ボンベイ猫の特徴

ボンベイの親子

外見の特徴

  • 鳴き声が小さく飼いやすい
  • 光沢のある黒い毛並み
  • 金色の大きな目
  • 根元が幅広で先端に丸みのある耳
  • 離れてついた大きな目
  • 根元から先端へ細くなる尾
  • 丸みのあるあごのライン
  • 筋肉のよく発達した足

ボンベイの体はアメリカンショートヘア、被毛はバーミーズのサテンのような光沢と手触りです。日本で飼われている正確な頭数は分かっていませんが、希少種で日本では手に入りづらい状況にあります。

ボンベイは他の猫よりも鳴き声が小さいと言われ、比較的飼いやすい猫です。ボンベイは猫の中でも被毛が短いため、スリムに見えます。しかし、見た目に似合わず筋肉質で体重も見た目ほど軽くはありません。また、ボンベイは他の猫より目が大きく、ゴールドの色をしているのが特徴です。光沢のある黒い毛並みといい、その風貌から、ボンベイは猫の種類の中でも品があると言われています。

ボンベイの大きさや体重

  • 体の大きさ:50~56cm位
  • 体重オス:4~5.5kg
  • 体重メス:3~4kg

平均的なボンベイは50~56cm位の大きさで、体重は3.5~5.5kg位になります。オスが4~5.5kg、メスが3~4kgと、メスの方が若干小さい傾向にあります。

ボンベイの性格

遊ぶボンベイ

人懐っこい性格

ボンベイは人懐っこいため、猫を初めて飼う人でも比較的飼いやすい性格といえそうです。なつきやすい性格ですので、外出して帰ってくると玄関まで迎えに来たり、家の中でもついて回ったりします。

他のペットとも仲良くできる

また、ボンベイは猫の中でも順応性も高く、猫以外の動物や小さいお子さんとも上手に暮らせるでしょう。

オスは甘えん坊な性格

オスの方がより活発で甘えん坊な性格をしていると言われ、気を引くために部屋の中でイタズラしてしまうなどという事があります。その性格ゆえの行動なので叱らずに接してあげましょう。

メスは気まぐれな性格

一方、メスのボンベイは比較的落ち着いて控えめな態度をとります。しかし、用心深い性格ゆえのものなので、慣れてくると甘える一面も見られ、まさに気まぐれで可愛い性格です。このように、ボンベイは猫好きにはぴったりな猫なのです!

ボンベイ猫の飼い方

犬のお医者さんと猫

黒い毛の光沢を保つ

ボンベイの被毛は猫の中でもほとんど手入れ不要な短毛種ですが、1週間に2回ほどセーム皮や少し濡れた手で撫でると良いです。そうすることによって、抜け毛や汚れを落とし光沢を保てます。

運動出来る環境を作る

しかし、ボンベイは活発な猫でよく動くので、猫用のタワーやおもちゃを置いて、遊ぶスペースを用意するといいでしょう。また、ボンベイは他の猫よりよく寝ると言います。いっぱい遊んだ後に横になったときは、休ませてあげて下さいね!

高タンパク・低炭水化物のキャットフード

タンパク質
  • 高タンパク
  • 食物繊維
  • ミネラル

動物性たんぱく質が多く含まれて、食物繊維やミネラルが豊富なキャットフードを選びましょう。動物性たんぱく質は体を作るのに重要です。原材料に肉、魚が多く使われているかをチェックするといいです。穀物を多く含むものは、消化不良や肥満のリスクも高くなるので、低炭水化物のキャットフードもオススメです。

ボンベイ猫のかかりやすい病気・注意点

横たわるボンベイ

膀胱炎に注意

ボンベイは膀胱炎にかかりやすいと言われているので、水分をたくさんとらせるといいです。発症すると人間と同じで、排尿しづらくなるようなので、気を付けてあげてくださいね。

尿路結石に注意

また、ボンベイは先天的に尿道が狭いため、尿路結石にも注意を要します。ビタミン不足などの偏った食事にならないように心がけましょう。軽い尿路結石では薬で石を溶かす処置がありますが、重度になると手術を必要とします。

気管支炎に注意

気管支炎も、ボンベイがかかりやすい病気のひとつです。発症して悪化してしまうと、数週間も咳が続いてしまいます。これは、ワクチンで予防することができるので接種をオススメします。

ボンベイの平均寿命

ボンベイの平均寿命は、13~15歳となっています。一般的な猫の平均寿命と変わりません。ただ、体調管理をしっかりとされて20歳近く生きるボンベイもいるようなので、普段の体調管理は大事です。

ボンベイ猫の値段

お花畑にいるボンベイ
  • ペットショップ:15万から20万円位
  • ブリーダー:20万から30万円位

ボンベイを手に入れるには、ペットショップやブリーダーから購入するという方法があります。ただ日本では手に入りづらく、取扱店を見つけたら「すごい!ツイてる!」くらいの気持ちで、いろいろな店を探す必要があるかもしれません。価格は、ペットショップの場合、1匹あたり15万から20万円位で、ブリーダーからだと1匹あたり20万から30万円位になります。

猫種ボンベイの歴史

座るボンベイ

黒豹を目指して改良した

ボンベイという品種の歴史はまだ浅く、最近誕生した猫です。1958年にアメリカのブリーダーが、バーミーズとアメリカンショートヘアのブラックを交配して、黒ヒョウのような猫を目標に改良しました。

ボンベイは新しい猫種

20年ほど試行錯誤した結果、1976年に猫の新種として、猫登録協会CFAに認められました。それゆえ、ボンベイは猫としては歴史の浅い、新しい品種というわけです。

ボンベイという猫についてのまとめ

ボンベイの立ち姿
  • 金色の目
  • 黒くてサテンのような艶のある被毛
  • 小さい鳴き声
  • 甘えん坊で気まぐれな性格

ボンベイは、まだまだ国内では認知度も低く、希少でなかなかお目にかかれない猫です。ご縁があり家族として迎えることになりましたら、たくさん愛情をかけてあげて、その美しい容姿と可愛い性格を楽しんでいただけたらと思います。

スポンサーリンク

人気のキーワード